高槻市スポーツ少年団 試合における遵守事項

1.事前確認
 ①選手、指導者、審判員はもちろん観戦する保護者全員に検温を実施する。
  体調が変わらなくても37.5℃以上あれば出場しない。
 ②マスク非着用者は試合会場への出入りは禁止
   ※主催者側(本部)でのマスク貸出は行わない
 ③石鹸、アルコールでの手洗いの励行(アルコールは本部で準備する)
   ※タオルの共有、使い回しは禁止
 ④水分補給の際のコップの回し飲み禁止。
 ⑤メンバー表は本部用、対戦チーム用にそれぞれ透明シートに入れて提出し交換。
  ※透明シートは本部で準備する。対戦チームのメンバー表は持ち帰らない。
  ※試合前、後の本部挨拶は行わない。
 ⑥審判へのお茶出し、濡れタオルは行わない。
 ⑦本部役員へのお茶出しは行わない。
 
2.試合時
 ①試合前、終了時の整列はキャプテンのみとし、挨拶のみで握手は行わない。
 ②ベンチ内の指導者(スコアラー)および控え選手はマスク着用のこと。
   ※観戦者のマスク着用を促す。
 ③メガホンの使用禁止、大声での指示は控えること。
 ④試合中の選手はノーマスクとする。
 ⑤選手同士、指導者とのハイタッチなどは極力控える。
 ⑥円陣など選手同士が密集するような行為は控える。
 ⑦試合時間について
  従来通り6年、5年は90分、4年生は65分とし、それぞれ5分前に新しいイニングに入らない。
 
3.試合前後について
 ①試合前30分現地到着の励行
 ②試合前のアップ練習は基本不可とする。
 ③試合終了後のミーティング、食事は禁止。
  ※駐車場確保の観点からも理解のこと
 ④移動時の車内換気など各チームで検討し密集にならないように工夫すること
 ⑤試合終了後のグランド整備、ベンチ内清掃(掃き掃除、使用した設備の清掃)は必ず実施し、ゴミは必ず持ち帰ること
  ※本部は毎回上記をチェックすること
 ⑥試合後、感染者が出た場合は期間に関係なく本部へ連絡すること 
 
4.審判員について
 ①球審はマスクもしくは飛沫防止のシールドを使用すること、塁審はノーマスク
 ②選手への身体に接触する行為は極力避けること。
 ③ボール交換は頻繁に行うこと(できればイニング毎に交換)
 ④選手の挙動、その他熱中症への注意喚起も怠らないこと。